山頂に雪を抱いたアトラス山脈の麓の大平原に位置する、伝説の魅惑の都市、マラケシュは、南モロッコへの玄関口です。緑深いバラ園の赤土色の城壁、オリーブの果樹園やヤシの並木道といった美しい景色で、北アフリカでも主要な観光地となっています。心優しい約百万の人が住むマラケシュの街は、様々な顔を持っています。アルモアデ朝の迷宮のような古いメディナ地区、荘厳なバイーヤBahia 宮殿、名高い庭園の静謐、そして洗練された、モダンな通りやカフェなどがそれです。

'モロッコの真珠’マラケシュは、伝統的な城壁都市メディナMedinaと現代的なギリーズGuelizの二つに大きく分けられます。大都市マラケシュはモロッコ人の心の中心であり、アラブ、アフリカ、ヨーロッパの影響がスパイスのようにブレンドされた街でもあります。その名前から、魔法のじゅうたんやヘビ使いをイメージする人もいるでしょうが、不思議ではありません。夜ともなると、広場は数多のオープンエアのレストランが営業を始め、ケバブやエスカルゴ、食欲をそそるタジン鍋など、美食の楽しみが揃っています。ベリーダンス、ファイアーイーター(火を食う手品師)、アクロバット、ヘビ使いや占い師などが絶えず客を取り囲みます。日没後のメディナでは、ジャマ・エルフナDjema l'Fna広場のスークsouk(寺院)やカスバkasbah(要塞)やメラーMellah(旧ユダヤ人居住区)。商店主たちとの値切り交渉に疲れたら、市内から少し離れたマジョレルMajorelle や メナラMenaraの庭園で静かなひとときを過ごすのもよいでしょう。

砂漠のオアシス、マラケシュでは音楽や芸術も情熱的です。メディナのテラコッタの城壁のように、音は街じゅうにあふれています。人気の芸術フェスティバルの期間は、マラケシュは一段と熱狂します。いつものにぎやかな通りが、観光客や地元っ子で一層賑わいます。街の至る所でパフォーマンスが繰り広げられますが、中心となるのは、かつて強大な勢力を誇ったサアド朝の16世紀のバディBadi宮殿跡です。一方ギリーズの新市街はフランス保護領時代に建築され、見どころもコスモポリタンです。バーや各種レストラン、ビストロや街のカフェなどは、ほとんどがこの地区にあります。

1062年、ムラービト朝のユースフ・ビン・ターシュフィンによって開かれたこの街は、中央スペインから西アフリカまで広がる広大なイスラム帝国の首都となりました。ムラービト朝によるスペイン南部の征服は、文化の交流を進め、この砂漠の領土に、アンダルシア地方のコスモポリタンな空気をもたらしました。

キャリアを活かした働き方-転職- - Click Here

転職するために必要なコトは?先輩達の体験談 - 転職するために必要なコトは?先輩達の体験談

こだわりの住宅をつくるためのお役立ちサイト - こだわりの住宅をつくるためのお役立ちサイト

ここからスタート☆FXの基礎知識 - ここからスタート☆FXの基礎知識

資格受験の必需品”過去問”を徹底利用するコツは - ここをクリック

感性を信じて☆お気に入り通販 - 感性を信じて☆お気に入り通販

これで得した!私の投資必勝テクニック - 投資信託ならば一万円ぐらいから始められるのでおすすめです